VIGLACERA | ティエンソン工業団地
ヴィ グラセラは、総面積3.580ヘクタールで合計10ヶ所の工業団地を開発している。近代的工業団地の建設、インフラの整備・運営という分野において北部の トップ企業として好評され、サムスン(Samsung)、キャノン(Canon)、オリオン(Orion)、テッホン(Texhong)などの大手メーカ の入居を勧誘できた。
viglacera, viglacera industrial park, viglaceraland, ヴィグラセラコーポレーションのご紹介,
17526
page,page-id-17526,page-template-default,woocommerce-demo-store,,qode-theme-ver-6.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.4.3,vc_responsive
Banner-Tien-Son-01
Banner-Tien-Son-02
Banner-Tien-Son-03

ティエンソン工業団地

ベトナム北部の典型的な工業団地
ティエンソン工業団地は面積が350ヘクタールでバクニン省に位置する。この工業団地はヴィグラセラが初めて開発する工業団地でもあり、バクニン省の初めての工業団地でもある。現在120社以上の入居者がここに活動している。そのため、キャノン、ABB.THK(日本)、アリストン(イタリア)、ソジン(韓国)など世界の大手メーカーの投資先になっている。

Tru-So-chinh

バクニン省は、南寧(中国)~ランソン省~ハノイ~ハイフォン~ハロン市(クアンニン省)という重要な経済拠点地帯に位置し、主幹道路とアクセスする。

地理の面にも経済の面にも恵まれる立地条件を持つバクニン省は、そのインフラが徐々に完備される。オープン的な投資環境と魅力な投資誘致策が整ったバクニン省はここ数年、国内各省間の競争能力指標ランキングにおいてFDIを誘致できる省として、連続的に北部の2位となり、全国トップ10に入っている。

Viglacera Industrial Park in Vietnam